油の種類について説明

DMAEの効果!オメガ3、オメガ6、オメガ9の違いとは?

DMAEは、人の身体の中で作られている必須脂肪酸のひとつです。

必須脂肪酸とは身体の中で、他の脂肪酸から合成できない成分で、摂取する必要がある脂肪酸のことです。脂肪酸には、オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系と飽和脂肪酸があります。

脂肪は、脂肪酸3つに1個のグリセロールがくっついています。鎖のような形で端に酸素が2つついています。固体、液体、酸化しにくいかは、炭素同士の結合を見ます。炭素の二重結合を見て、酸素の結合していない方の端から何番目かでオメガの系列が決まります。

オメガ3系の脂肪酸とは?

代表的な脂肪酸はα-リノレン酸で、人間の体内では作ることができない必須脂肪酸。主なオメガ3系の脂肪酸は、EPAやDHAなども街頭します。えごま油、あまに油に多く含まれ、青魚に含まれるDHAやEPAもオメガ3系です。

オメガ6系の脂肪酸とは?

オメガ6系の脂肪酸は、リノール酸を中心とした必須脂肪酸です。主にはコーン油、大豆油、綿実油、グレープシードオイルがあります。コレステロール濃度を下げるはたらきがあります。

オメガ9系脂肪酸とは?

オレイン酸を中心とした脂肪酸のことで、オリーブオイル、べに花油、なたね油、落花生油が該当しあmす。善玉コレステロール値はそのまま、悪玉コレステロールの濃度を下げることができます。オレイン酸が多く含まれる油も多く販売されるようになってきました。

飽和脂肪酸とは?

ラウリン酸、パルチミン酸があり、ココナッツオイルやラード、バターなどがあります。常温で固体のものが多く、酸化されにくい特徴を持ちます。

DMAEはオメガ3系

DMAEは、いわし、いわしを主原料としたアンチョビに含まれるオイルのことで、DHAやEPAに似た働きを持つため、オメガ3系と言っていいでしょう。DMAEはジメチルアミノエタノールの略で、必須栄養素のコリンに肝臓で変換される成分です。思考力、記憶力を高めることができます。

イワシの開きをムニエルにして食べたり、アンチョビの缶をトマトとオリーブオイル、にんにくと一緒に加熱してアヒージョにしたり、サーモンにも入っているのでサーモンのお刺身やカルパッチョを食べたりするだけでも美肌に効果的。

サーモンはお弁当の幕の内弁当に鮭の切り身が入っていることがあります。ホイル焼きや西京焼き、塩鮭で食べることができます。アンチョビは生野菜のディップとして使うことができるほか、パスタに少量入れるとコクが出ます。イワシは生魚の調理が面倒であれば、お惣菜でイワシフライが売っているので買って食べるだけでも美容に効果的です。