DMAEとは

DMAE化粧品の副作用は?サプリメントに注意!?

DMAE化粧品がドクターズコスメを中心に広く販売されつつあります。副作用や毒性、発がん性があるのではないかと心配になります。元々は鮭、いわしといった魚に含まれる成分です。化粧品に関しては副作用はないと言っていいでしょう。

気になるようなら、サンプルサイズから使ってみて、パッチテストをすることで安全に使用することができます。

ただ、DMAEのサプリメントに関しては、服用していい人、やめておいた方がいい人と分かれます。

DMAEサプリメントを禁止されている人とは……?

DMAEは、ジメチルアミノエタノールのことで、アセチルコリンに似たはたらきをすると言われています。DHAやEPAに似ていて、海外、特にアメリカではサプリメントとして使われています。

学習能力をサポートするためのサプリメントで、短期記憶により高い効果を発揮します。集中力も高めてくれ、ADHDの症状軽減に使用されることもあります。ADHDは、注意欠陥、多動性障害で、集中力がなく不注意になってしまうケース、多動性で動き回ってしまうケース、考えずに行動する衝動的なケースがあります。小さい頃にわかるとトレーニングで対応ができますが、大人になって社会人になってからだと仕事に支障をきたすことがあります。

過去に、DMAEを使って、定期接種をした子供をテストし、得点が高くなるかどうかを調べました。アセチルコリンに似たはたらきをするDMAEを摂取した子供は高い得点でいいテスト結果でした。

適切な用量、用法であれば、安全だと言われていますが、副作用の口コミもありました。

・頭痛
・不眠症
・便秘
・じんましん
・うつ病
・血圧上昇
・統合失調症の増加
・首や肩のこり

人によっては空腹時に飲むことで胃もたれがあるなども副作用としてありました。不調が見られる場合は使用をやめ、気になる人は医師の診断のもとでDMAEのサプリメントを服用するようにします。

また、てんかんと診断されている人、双極性障害の人、仕事で自動車やトラックなど乗り物の運転をしている人は副作用があるため飲まない方がいいと言われます。

そして、妊娠中の女性は飲んではいけません。胎児が先天性欠損症になることがあります。先天性欠損症は口唇口蓋裂、腹壁欠損症、先天性心疾患が挙げられます。アメリカでは先天性欠損症の子供が多いとされます。妊娠中のサプリメント服用、薬の服用については、検診の時に飲んでもいいか確認することもできるため、DMAEのサプリメントを飲んでいる場合は妊娠初期から確認をしてみてください。サプリメントではなく化粧品も、妊娠中は敏感肌になる場合もあり、DMAE化粧品が合わないようなら敏感肌化粧品に変えてみましょう。