DMAEとは

DMAE化粧品の副作用は?サプリメントに注意!?

DMAE化粧品がドクターズコスメを中心に広く販売されつつあります。副作用や毒性、発がん性があるのではないかと心配になります。元々は鮭、いわしといった魚に含まれる成分です。化粧品に関しては副作用はないと言っていいでしょう。

気になるようなら、サンプルサイズから使ってみて、パッチテストをすることで安全に使用することができます。

ただ、DMAEのサプリメントに関しては、服用していい人、やめておいた方がいい人と分かれます。

DMAEサプリメントを禁止されている人とは……?

DMAEは、ジメチルアミノエタノールのことで、アセチルコリンに似たはたらきをすると言われています。DHAやEPAに似ていて、海外、特にアメリカではサプリメントとして使われています。

学習能力をサポートするためのサプリメントで、短期記憶により高い効果を発揮します。集中力も高めてくれ、ADHDの症状軽減に使用されることもあります。ADHDは、注意欠陥、多動性障害で、集中力がなく不注意になってしまうケース、多動性で動き回ってしまうケース、考えずに行動する衝動的なケースがあります。小さい頃にわかるとトレーニングで対応ができますが、大人になって社会人になってからだと仕事に支障をきたすことがあります。

過去に、DMAEを使って、定期接種をした子供をテストし、得点が高くなるかどうかを調べました。アセチルコリンに似たはたらきをするDMAEを摂取した子供は高い得点でいいテスト結果でした。

適切な用量、用法であれば、安全だと言われていますが、副作用の口コミもありました。

・頭痛
・不眠症
・便秘
・じんましん
・うつ病
・血圧上昇
・統合失調症の増加
・首や肩のこり

人によっては空腹時に飲むことで胃もたれがあるなども副作用としてありました。不調が見られる場合は使用をやめ、気になる人は医師の診断のもとでDMAEのサプリメントを服用するようにします。

また、てんかんと診断されている人、双極性障害の人、仕事で自動車やトラックなど乗り物の運転をしている人は副作用があるため飲まない方がいいと言われます。

そして、妊娠中の女性は飲んではいけません。胎児が先天性欠損症になることがあります。先天性欠損症は口唇口蓋裂、腹壁欠損症、先天性心疾患が挙げられます。アメリカでは先天性欠損症の子供が多いとされます。妊娠中のサプリメント服用、薬の服用については、検診の時に飲んでもいいか確認することもできるため、DMAEのサプリメントを飲んでいる場合は妊娠初期から確認をしてみてください。サプリメントではなく化粧品も、妊娠中は敏感肌になる場合もあり、DMAE化粧品が合わないようなら敏感肌化粧品に変えてみましょう。

油の種類について説明

DMAEの効果!オメガ3、オメガ6、オメガ9の違いとは?

DMAEは、人の身体の中で作られている必須脂肪酸のひとつです。

必須脂肪酸とは身体の中で、他の脂肪酸から合成できない成分で、摂取する必要がある脂肪酸のことです。脂肪酸には、オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系と飽和脂肪酸があります。

脂肪は、脂肪酸3つに1個のグリセロールがくっついています。鎖のような形で端に酸素が2つついています。固体、液体、酸化しにくいかは、炭素同士の結合を見ます。炭素の二重結合を見て、酸素の結合していない方の端から何番目かでオメガの系列が決まります。

オメガ3系の脂肪酸とは?

代表的な脂肪酸はα-リノレン酸で、人間の体内では作ることができない必須脂肪酸。主なオメガ3系の脂肪酸は、EPAやDHAなども街頭します。えごま油、あまに油に多く含まれ、青魚に含まれるDHAやEPAもオメガ3系です。

オメガ6系の脂肪酸とは?

オメガ6系の脂肪酸は、リノール酸を中心とした必須脂肪酸です。主にはコーン油、大豆油、綿実油、グレープシードオイルがあります。コレステロール濃度を下げるはたらきがあります。

オメガ9系脂肪酸とは?

オレイン酸を中心とした脂肪酸のことで、オリーブオイル、べに花油、なたね油、落花生油が該当しあmす。善玉コレステロール値はそのまま、悪玉コレステロールの濃度を下げることができます。オレイン酸が多く含まれる油も多く販売されるようになってきました。

飽和脂肪酸とは?

ラウリン酸、パルチミン酸があり、ココナッツオイルやラード、バターなどがあります。常温で固体のものが多く、酸化されにくい特徴を持ちます。

DMAEはオメガ3系

DMAEは、いわし、いわしを主原料としたアンチョビに含まれるオイルのことで、DHAやEPAに似た働きを持つため、オメガ3系と言っていいでしょう。DMAEはジメチルアミノエタノールの略で、必須栄養素のコリンに肝臓で変換される成分です。思考力、記憶力を高めることができます。

イワシの開きをムニエルにして食べたり、アンチョビの缶をトマトとオリーブオイル、にんにくと一緒に加熱してアヒージョにしたり、サーモンにも入っているのでサーモンのお刺身やカルパッチョを食べたりするだけでも美肌に効果的。

サーモンはお弁当の幕の内弁当に鮭の切り身が入っていることがあります。ホイル焼きや西京焼き、塩鮭で食べることができます。アンチョビは生野菜のディップとして使うことができるほか、パスタに少量入れるとコクが出ます。イワシは生魚の調理が面倒であれば、お惣菜でイワシフライが売っているので買って食べるだけでも美容に効果的です。