DMAEとは

DMAEに化粧品もある!有名ドクターズコスメにも使われていた

DMAEが注目されてきたのは、海外の有名通販でもあるiHerbでサプリメントのランキングの上位になったり、美容ブロガーが多く紹介したことによるものでした。

アセチルコリンの伝達物質になるDMAE(ジメチルアミノエタノール)ですが、加齢するにつれて減少していきます。アセチルコリンは、脳の機能を正常にするための成分で、やる気や集中力を上げることができます。アルツハイマー、うつ病の人の脳はアセチルコリンの量が少ないです。そこで、アメリカではサプリメントとして飲まれてきて、日本でも美容に関心のある女性が取り入れてきました。

化粧品にも配合されているDMAE

アセチルコリンには筋肉を収縮させるはたらきがあり、顔の筋肉を引き締める効果もあります。そのため、化粧品として配合されアンチエイジングができる製品として知られてきました。

DMAEのメリットは、分子量は89.14で美容成分としてアンチエイジングに使われるヒアルロン酸よりも小さいことです。浸透力が高く、即効性を感じやすいのが特徴です。分子量が小さいほど肌に入りこみやすい特徴があり、DMAEはその点、美容液や化粧水のような浸透力の高いアイテムで取り入れるのがおすすめです。

水系や水溶性のものがよく、オイルなどに配合していると、浸透しにくさを感じるかもしれません。

DMAEの化粧品はドクターズコスメのラインナップに多く、

・クリーム
・美容液
・化粧水
・乳液
・オイル
・ファンデーション
・パウダー

があります。

その中でも人気の2製品は基礎化粧品でもある美容液です。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジシリーズ

2大エイジングケア成分のEGF、DMAEを配合。毛穴のキメを整い、ハリのある肌に導いてくれる化粧品です。DMAEを配合することにより、加齢によって緩んだ皮膚の弾力をよくし、ハリやツヤのある肌にします。

シリーズの中ではエイジングケア美容液の「ラグジュアリー・デ・エイジリジュリューションV」がDMAE配合で人気ですが、美容液のほか、目元用クリームやナイトマスクをライン使いできる初回限定キットも販売されています。

モイストリフトプリュスセラム

皮膚科の女医と共同開発したドクターズコスメ。マッサージ不要な美容液で、美容皮膚科や美容クリニック、エステサロン、メイクアップアーティストに絶賛されている製品です。「使用後、肌に効果を感じた」と答えた人が98%。定期購入コースもあります。